岡本太郎さん、僕に教えてください

モダンアートぜんぜんわかんない。なんだっけあの人、太陽の塔の人。えーと。なんだっけなぁ。岡本太郎だ!あの人の今日の芸術っていう本をよんで、さぁ!と思ってモダンアートを見ることにしたんだ。岡本太郎は、いい、と思えばその絵を分かったことになるって言ってたけど、いやーなかなか、どういうものだろう。いい、と思ってなんか好きだな、って思うことはあるけれど、じゃあお前はそれの何が分かるんだと聞かれれば、ぜんぜん応えられない。で、そのなんかいいな、って思った絵の脇を見てみると、そのモダンアートの本の編集者か何かがコメントを加えてたりして、で、自分が持った印象と全然違うものだと、やっぱり自分はこの絵が分かってないんだな…。と思ってしまう。
岡本イズムで考えていくと、このコメントを見たって屁でもねぇ!ぐらい態度がいいんだと思う。編集者がどう思おうが、世間、社会でその絵が何を意味していると言われ、どう評価されていようが、自分の目で見てどう感じるかが一番重要なんだと、岡本太郎は言うかもしれない。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*